花火師の30代からはじめる投資実録

仮想通貨・暗号通貨で不労所得までの道のり

サイト内検索

キャッチ画像の下

ICO Wallet MyEtherWallet

【MyEtherWallet/マイイーサウォレット】登録・送金方法など使い方を解説~保存版

投稿日:2018年3月30日 更新日:

横長ADSおk

こんばんは!花火師(@hapture6)です!

 

今回はMyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法・送金などの使い方を説明していきたいと思います。

 

だいたいの方はお持ちだと思うので、お持ちの方はスルーしちゃってください!

 

Metamaskの作成方法は、こちらから

【Metamask/メタマスク】登録方法・送金方法など使い方を解説~保存版

 

MyEtherWallet/マイイーサウォレットとは!?

 

MyEtherWalletは、イーサリアム系のトークン(ERC20)に対応しているウォレットです。

ICOに参加する為には、取引所からの送金はできませんので、Metamask同様におすすめなウォレットになります。

 

MyEtherWalletの公式はこちら

偽サイトがあるので毎回検索でアクセスするのではなく、ブックマークすることをおすすめします。

 

MyEtherWallet/マイイーサウォレットの作成方法

 

アクセス後、注意事項のポップアップが出る場合がありますので、出た場合は下の画面まで進めましょう。

 

日本語を選択し、パスワードを入力します。

 

推奨

より強固なパスワードを利用するには32文字以上を推奨

ランダムパスワード生成ツールを利用してみましょう

※パスワードは必ず控えておいてください。

 

 

 

ビューボタン(目のマーク)で入力したパスワードに入力ミスがないか確認しておきましょう。

メモもとり間違えもないことを確認したら「お財布の作成」ボタンをクリックします。

 

 

 

Keystoreファイルをダウンロードします。MyEtherWalletを開くときに必要になりますので、紛失しないように管理してください。

 

 

秘密鍵を安全な場所へ保管します。普段はオンラインに繋げない場所への保管や、印字することをおすすめします。

秘密鍵が外部に漏れると、資産を盗られる危険が増します。慎重な対応が必要となります。

 

以上でMyEterWalletのウォレットが作成されました。

 

MyEtherWallet/マイイーサウォレットのログイン方法

 

続いて作成したウォレットへのログイン方法です。メインとなる2種類を解説していきますが、セキュリティ面から基本はKestoreファイルからのログインが理想です。

 

Keystore/JSONファイルからログイン

 

①②を選択して、先ほどダウンロードしたKeystoreファイルを選択します。選択後パスワードを入力する画面が出てくるので、初期に設定したパスワードを入力します。パスワードを入力するとアンロックというボタンが表示されるのでクリックします。

 

以上でログインが完了します。

 

秘密鍵でログイン

 

画面左にて秘密鍵を選択し、画面右に先ほど保存した秘密鍵を入力(コピペ)します。秘密鍵を入力するとアンロックボタンが表示されるのでクリックします。

 

以上でログインが完了となります。

 

MyEtherWallet/マイイーサウォレットでの送金方法

 

ウォレット内の情報からまず見ていきましょう。

 

作成したウォレットのアドレスが、取引所などからMyEtherWalletに送金する際に必要となるアドレスとなります。まずはbitFlyerなどの取引所からETHを送金しておきましょう。

 

ICOなどの受け取り用アドレスとしても選択できますので、ICOに参加されて登録アドレスが必要な場合はこちらになります。

 

その他情報は以下のとおりです。

 

 

それでは実際に送金してみましょう。

 

 

上段の「Ether/トークンの送出」をクリックし、先ほどと同様にウォレットをアンロックします。

 

 

送金したいアドレスと送金数量を入力します。

 

ガスリミットは基本そのままでよいですが、ICOなどに参加する場合は送金の際のガスリミットの指定があったりします。その場合は指示のあった数値に合わせるようにしましょう。

 

入力が完了したら「トランザクションを生成」ボタンをクリックします。

 

上記を実施するとトランザクションが生成(送金処理の手続きのようなもの)されるので、「トランザクションの送出」ボタンをクリックします。

 

以上で指定のウォレットへ送金が完了します。

 

 

まとめ

 

今回はMyEtherWalletでのウォレット作成について解説させてもらいました。

現状のICOの状況としては、上場後ICO価格を割ってしまう状況が当たり前になっており、今後広告規制をはじめとした業界の正常化によりまたICOは注目されてくると思います。

今のうちに作成だけでもしておきましょう!

 

その他ウォレット関連

保存版【Metamask】登録・送金方法解説

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事



-ICO, Wallet, MyEtherWallet

Copyright© 花火師の30代からはじめる投資実録 , 2018 All Rights Reserved.